鍼灸外来について

~女性鍼灸師による鍼灸外来~

 

平針北クリニック内の鍼灸治療室にて女性の鍼灸師(国家資格保持者)が治療にあたります。

つわり・逆子・不妊症・冷え性・体質改善・腰痛・頭痛・肩の痛み・耳鳴り・不安感・更年期障害・骨盤調整・産後のトラブルなど気になる症状がある方はお気軽にご相談ください。

お子様をお連れの方は、10時から13時までは院内託児室にて託児(無料)が可能です。

託児室をご利用の方は、おむつ、お尻ふき、着替え、飲み物を担当保育士にお渡しください。

 

【料金】

当院通院の方3,500円/回

新規通院の方4,500円/回

所要時間40

 

Q and A

 

Q  鍼(はり)、灸(きゅう)って体にどういいのでしょうか。

人間が生きる上で大切な血液の流れを良くします。運転を多くする、座ることが多い、目を酷使する、子育て中など環境によってそれぞれ偏った体の使い方をします。そうすると負荷のかかるところや左右差などが生まれ、その部分は血液の流れが悪くなります。そして血流が滞ることにより筋肉の収縮がおこり、冷えやむくみ、痛み、ひどくなると痺れを感じる方もみえます。妊娠32週前後からはホルモン分泌により関節靭帯がゆるんできます。背中や腰、鼠径部、恥骨など痛みを感じる方が増えます。はり・灸・マッサージで血流をよくすると伴に痛みも緩和します。子宮内環境も整い免疫も健康な状態に戻っていきます。

 

 

Q はりが怖いです。

いきなりはりを刺すことはもちろんしません。安心してリラックスしていただけるよう施術は、患者様一人ひとりのお悩みをお聞きした上で行います。

そのため、初診時はじっくりとお話を聞かせていただきます

お灸のみ、マッサージのみでも施術は可能です。ご希望を鍼灸師までお伝えください。

 

 

Q 安産灸って何ですか。

安産になるように体を整えるためのお灸です。

お灸により母体の血流改善を行うと、胎内環境が向上し、安産につながると考えられています。陣痛中にご自身で行える陣痛促進のツボ押しなどのセルフケアもお伝えします。

 

 

Q 鍼(はり)とか灸で何か変わりますか。うさんくさいです。

うさんくさいのに勇気をもって鍼灸を受けにこられました。()全身治療をしたあと、

「身体がポカポカして気持ちいい~!身体が楽になりました。うさんくさいと思っていました~!」

ご安心ください。実は鍼(はり)師、灸師、あん摩指圧マッサージ師は国家資格です。東洋医学の他、生理学や解剖学もしっかりと学び国家試験を合格した者が施術を行います。何されるかわからないわ~敷居が高いわ~と感じる方も一度お気軽にお越しください()

 

 

Q 妹は高校生で生理不順です。連れてきてもいいですか? 母を連れてきてもいいですか?

是非お越しください。生理不順の妹さまに施術して欲しい、赤ちゃんの世話をしてくれるお母さまに施術をして欲しい、とご予約される方がみえます。生理不順の高校生の妹さまは院長の治療と併用して鍼灸にも通われました。孫の世話に疲れ切ったお母さまは、身体のメンテナンスに定期的に鍼灸に通われました。女性の方は10代から70代の方まで幅広くメンテナンスにお見えになっております。お気軽にご予約ください。

 

 

Q 逆子になりました。戻りますか。

28週から逆子鍼灸を行っております。逆子になってすぐに来られる方は比較的早く頭位にもどります。逆子と言われたら早めにご予約ください。以前36週で初めて逆子になり青ざめてこられた方がみえました。ずっと頭位だったのに、赤ちゃんが最後の大冒険をしたかったのか36週で逆子に、施術後すぐに戻り37週には頭位でした。37週で初めて逆子になりました、と来られた方も38週には頭位に戻りました。鍼灸師の私自身、当院で長女と次女を出産しており、実は二人とも逆子になりました。30週で逆子になりましたが31週には頭位に戻りました。逆子の時にお灸をしてみた実際の経験ですが、子宮と仲の良い三陰交にお灸をするとお腹が柔らかくなりお腹の中の赤ちゃんがギュルンギュルン子宮内を動き回り驚きました。回りすぎてまた逆子になるのではないかと心配しました。が、幸いにも胎動は沢山ありましたが分娩まで頭位でいました。

 

 

 

ご予約電話番号:052-803-1103